FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cs_map立ち回りinムスカ鯖

配信用にintensity proを注文しました。

最初の頃は私のPC環境が呪われているのかというぐらいの不具合の数々でしたけど、
最近潰しまくって、相性問題以外は殆どなくなったと思います。
キャプボを使って2PCでFPS配信とか解説が反比例に少ないことをやろうとするから
罰が当たるんでね、わかります。

詳細は組み上げてから書きます。


◆ムスカ鯖

cs_mapでの立ち回りとか。



・敵を見つけても無闇に撃たない

de_mapでも言えますが敵の警戒レベルが上がると敵が撃っている一点に来ます。
cs_mapの目的はhostの救出です。殲滅中心のmapならばあまり問題はありませんが、
救出中心のmapで、不必要に撃つと永遠とBOTが撃った方向に向かってくるため、
基本的に大多数のBOTを相手にすることになります。
cs_exileでありがちですが、BOTを見つける→撃つ→敵が来る→撃つのループで
処理しきれなくなり、全滅というパターンが主な例です。


・警戒レベル

爆破設置後のBOTは爆弾の解除を最優先に行うので警戒レベルが若干下がります。
しかし、cs_mapではそれがないので、大体2体程度殺すと決め打ちの速度で
弾が飛んでくる可能性が大きくなります。

そこでcs_mapでは1体や2体倒して、次に高速AIMされると思ったら
一旦引いて別の人に撃ってもらいます。
前に書きましたが、警戒レベルがAIMにおいて適用されるのは殺した本人です。
もっと具体的な定義があるのですが、割愛で。

他の人が殺した場合は前に殺した人の警戒レベルが若干下がり、
前に殺された人の警戒レベルが上がります。
これを繰り返すことで警戒モードには入っていますが、決め打ちのような速度で撃たれるようなことが
ないぶん、長生きすることが可能なわけです。


・詰めすぎない

マリオテーマを除き、cs_mapの時間は3分です。
無理に詰めて敵にやられるより、与えられた時間を有効に使って、
できるだけ有利な場所を使い敵を削ろうという考えです。

生存している味方が少数で、敵があまり以内場合ですが、
狭いmapなら1分、広いmapでも約1分半あれば、救出は可能です。


・Adrian
cs_mapではAdrianをいかに処理するかが重要です。
Adrianを倒すことさえできれば、FBを使うリスクが格段に減ります。
キルログと味方が死んだmapを元にAdrianの場所を割り出し、
警戒モード時の動き方を予測して、待ちます。

de_mapでも共通ですが、Adrianにはクリアリングしない場所が存在します。
基本的に進行方向と逆の場所はクリアリングしにくいです。
死んでからAdrianの視点を見ているとわかると思います。


・陽動
cs_italyやcs_oldcityでは特定の場所で敵を釣るという行為が必要になります。
敵を殺したら殺した本人の方向へ集まるという習性を利用します。
これにより、homeにキャンプしている敵をおびき寄せてそのうちに
hostを救出するということが可能になります。

cs_italyを例に挙げると、このmapは敵が救出地点であるCT homeにキャンプします。
たとえhostを連れ出せたとしても、そのままではhomeにキャンプしているため、圧倒的に不利です。。
更に移動するルートが限られているのでhost持ちが撃てば、そこに敵が集まり、救出ができません。
そこで市場とアパートから敵を釣って、homeの敵をそちら側の道へ誘導している間に
逆側からCT homeにFBラッシュをかけて救出することが必要となります。

こういった誘導は警戒の概念と敵の流れを読むことが必要となってきます。


・FBの有効性

警戒レベルが上がってまずくなったらFBを使って良いと思います。
ただ、Adrianの出現率の高いルートでのFBの使用はできるだけ控えるべきです。
cs_covertのようなmapではAdrianを倒すまではFBを使うべきではありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kanra

Author:kanra
Steam ID

カレンダー(月別)
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。